悪質な闇金の貸し付け手口まとめ

ブラックリストにのっている人は狙われる?

悪質な闇金の貸し付け手口まとめ

 

正規の金融機関でお金を借りられるような人は、闇金にひっかかりやすいです。闇金もそのことはよく理解をしているので、むしろ金融機関からの信用がないような人をターゲットにしていることがあります。例えば、ブラックリストにのっていて銀行はもちろん、消費者金融からも断られてしまうような人です。

 

自己破産をすると、官報に個人情報が記載されてしまいます。官報は一般人がチェックしていることはまずありませんが、闇金はチェックしていることがあります。ブラックリストにのってしまった人に対してダイレクトメールを送っている闇金も存在しているようです。

 

ブラックリストにのっている人などは正規の金融機関から借りることが難しいので、ターゲットにされやすいです。
「審査なしですぐに貸します」などという内容のダイレクトメールがきたら、高い確率で悪質な業者であると思いましょう。悪質な業者からターゲットにされたとしても、無視をしていればやがてダイレクトメールはこなくなります。

契約をしていないのにお金が振り込まれる?

街角でチラシを見かけて申込みをしたが、途中で怪しいと思って契約をしなかったとします。その場合でも、銀行口座などの個人情報を教えてしまっていると被害にあうことがあります。

 

また、闇金では個人情報は守られないので、申込みをした業者とは別の、もっと悪質な業者から突然お金が振り込まれているということも起きる可能性があります。

 

これは「押し貸し」と呼ばれているものであり、詐欺の手口の一種です。頼んでもいないのに貸し付けがされていたら、すぐに専門業者に相談をしましょう。闇金問題に強い弁護士や司法書士が頼りになるはずです。

 

また、闇金では利息制限法をはるかにこえた暴利をとられますが、最初から正直に金利のことは話しません。しばらく経過してから「最初に聞いていた金利とは違う」ということに気づくことも多いです。

 

悪質な業者から借りてしまったかもしれないと感じたら、すぐに専門家に相談をして、早期に解決をしてしまうことが大切です。

基本的に本当のことは言わない?

最初から「私たちは違法業者です」などと言ってしまったら、だれもお金を借りようとする人はあらわれません。基本的には、闇金は正規の金融業者のふりをしています。「利子は20%です」と言われたとしても、安心はできません。

 

後になってから、「10日ごとに20%の利子」という意味であると後から気がつくかもしれません。

 

テレビのイメージなどから、怖い人が電話に出ると考えている人も多いです。しかし最近では、電話のオペレーターは柔らかい口調で親切に対応してくれることも増えています。電話の話し方などから信用ができると思っても、それだけでは信用してはいけません。

 

闇金とは関わらないことが一番ですが、もしも関わってしまったら被害が拡大する前に早期に解決をしてしまいましょう。

 

放置していたら見逃してくれる、違法業者なのだから相手にしなければよいというのは甘い考えです。闇金問題に強い司法書士もしくは弁護士に相談をすることが重要になります。