闇金の被害を拡大させない

闇金にお金を借りてしまった場合の対処法

闇金の被害を拡大させないために

 

人が生きていく上ではお金は必要な存在で、それに困るケースもしばしば存在します。そういったケースでは身内や親せきに相談したら嫌な顔をされ、友人や知人に相談してもデリケートな問題で関係を無くすこともあります。

 

そんな時、直ぐに現金を調達する闇金の甘い誘いに乗ってしまい借金をしてしまうことが考えられます。そういった場合は、ちょっとした金額を借りたはずが利息が雪だるま式に膨れ上がり、いつの間にか返せない金額に膨らむケースがあります。

 

闇金では利息がトイチで10日間で1割などを設定するケースも存在し、何も知らずに借りるととんでもない状況に陥ります。その場合、被害を拡大させないためにも早めに闇金対策の法律のプロの専門家に相談することが必要です。

 

それを扱える弁護士や司法書士は限られており、過去に解決した実績のある法律の専門家に依頼する必要があります。法律事務所や警察に直接、駆け込んでも対応できないケースもあるため、被害を膨らませないように早期に相談から始めます。

闇金対策に精通している弁護士に依頼

お金の貸し借りの債務問題では、それを得意とする弁護士が多いですが、闇金に関しては別のケースもあります。

 

暴力団などの反社会的勢力が絡んでいる可能性も高く、弁護士でも身辺に危険に曝されることで、それを扱いたくない事案であったりすることも多いです。

 

また実際に闇金対策を行った実績がないとどのように対処しなければならないかをアドバイスすることができず、それによっては犯罪に巻き込まれてしまう恐れもあります。

 

単に法律の専門家に依頼するだけでなく、その危害などを加えられる場合での対処法を検討してくれる専門家に依頼することがポイントです。

 

また警察に相談される方もいますが、業者が逆上してしまい、火に油を注ぐ結果になることもあります。しかも被害が発生していない理由で、犯罪捜査にも消極的なケースもあり得ます。

 

従って闇金対策に明るい弁護士に相談をすれば、その対処法を検討してくれ、的確なアドバイスで解決に導いてくれるケースも多いです。

被害が拡大する前に早めに手をうつ

闇金の問題は早めの解決が功を奏することも多く、一番の問題は元本が大したことないのに法外の利息の請求を行ってくる点です。その場合、借りた先が闇金だと解ったら早めにその対策に定評のある法律の専門家に相談することから始めます。

 

現在は法律による規制も強化されているため、そういった業者自体が暗躍できない様な環境にもなっています。業者も法外利息の取り過ぎは法的根拠もないため、法律の専門家が交渉に出てくれば自分たちの無理な要求は通らないのを熟知しています。

 

被害が拡大を防ぐ手立ては、怪しい金融業者からは一切借りないことが前提ですが、運悪く借りてしまった場合には出来る限り、法律の専門家に相談して対応することが必要です。素人が交渉しても決裂しやすく、逆に交渉が複雑化してしまい、怒らせて犯罪に結びついてしまうケースもあります。

 

嫌がらせなどを行ってくるケースも想定されますが、それについても対応方法もアドバイスしてくれるため、闇金対策には法律の専門家に相談するのがベストな選択肢です。