闇金に騙されてしまう人の特徴

消費者金融の知識がない方がターゲット

闇金に騙されてしまう人の特徴

 

闇金は、法律に則っていない形で運営されている金融会社でお金に困っている人をターゲットにして貸付を行います。お金に困っている方は借りる宛てがない人が多いため、その様な借りる宛てがない人をターゲットに絞り込み、そういった人に甘い言葉で誘ってくる傾向があります。

 

もちろん雑誌や新聞などの媒体を利用して宣伝を利用する場合も多く、いつでも相談できる様に電話を窓口にしてスタートします。

 

特に一般的に正規に法律に則って運営している消費者金融で断られた方が行き着く相談先になるため、そういった闇金は他ではお金を借りられなかった弱みに付け込むのが常套手段となります。

 

闇金の特徴は法律に則って運営していないため、利息が法外となるケースが多いです。

 

宣伝などではあたかも正規の消費者金融会社の様に装いながら近づいてくるため、人生の経験がまだない若い方や金融に関する知識に疎い方は大手の消費者金融の利用の様に借りて、知らず知らずに法外な利息を支払ってしまうケースも多くなります。

人の親切心を信じ込みやすい方もターゲット

闇金がターゲットにする消費者は、金融に関する知識や法律に明るくない消費者ですが、人の善意を信じ切ってしまう律義者もターゲットになりやすいです。現在の法治国家では、誠実に暮らしている善良な市民が多いことで人生で騙されることは数少ないのが実態です。

 

つまり騙された経験に乏しいことから、人からの親切だと思われるアドバイスをそのまま受け入れてしまいがちです。

 

しかしながら人の親切心は測り難いとも言われ、特に闇金は人情や心理的な圧力をかけて近づいてくる特徴を持っています。

 

言われるままに借りたら、後は法外な利息を巧みな取り立てで展開されることも多いです。最近は消費者金融に関する規制が強化されていますが、消費者の無知に付け込んだ取り立てを行い、逆に正規の消費者金融に近い形で営業を展開してトラブルを避ける様に運営されています。

 

厄介なのは特に運営自体は問題を起こさない様に展開して、鴨となる消費者を絞り込んでいる点が見られます。

ギャンブル依存症もターゲットになりやすい

ギャンブルにはパチンコ、競馬、競艇、競輪など様々な種類がありますが、ギャンブルは日常で気軽に行うことができ、お金を稼げることができるため人気です。しかしギャンブルの基本は原則として胴元が儲かる仕組みになっているため、いずれ所有している資金が底を尽きてしまいがちになります。

 

またギャンブルで負けるとつい熱くなり、取り返そうとまた勝負をしてしまい、それを繰り返していくうちに依存症問題に発展します。ギャンブル依存症となると手あたり次第、賭けるための資金の調達先が必要となり、闇金を利用してしまうケースもあります。

 

闇金に借りても勝って返済すれば良いだけと安易な考えが破たんに至ります。そのため闇金の特徴は借り手の確保のため、定職を持ちギャンブルをする方は絶好のターゲットになります。

 

次から次へと借りてくれ、その利息収入も大きな額が見込めるため上客に分類されます。お客が破たんする前に収益を確保しておけば良いため、利息を半端なく搾り取れることも多いです。

 

闇金被害にお困りの方はこちらの弁護士事務所まで